コラム

家事代行の選び方
家事代行を依頼した時の基本の流れ
2018.07.30

家事代行サービスを依頼した時の基本的な流れはどのようになるのでしょうか。会社によって流れは多少変わりますが、基本的な流れを説明します。

1:問い合わせ

どんな時に家事代行サービスを依頼したいと思うのでしょうか?

  • 仕事に時間を取られていて、もっと自分の時間が欲しい時
  • 子どもが小さくて、家事に手が回らない時
  • 自分で家事はしているけれど、定期的にプロにお願いしたい時
  • 離れて暮らす両親を家事サービスでサポートしたい時
  • 休日などは、家事に追われず家でゆっくりしたい時
  • 部屋数が多い、または広いなど、お困りの時
  • 家事の時間を、もっとリフレッシュの時間に使いたい時
  • 今までできていた家事が年齢とともに大変だと感じる時

そんな時は、問い合わせをしてみましょう。
その前に自分にとって必要なサービスが、専用の道具で徹底的に掃除をする「ハウスクリーニング」なのか、日常の家事のサポートをする「家事代行サービス」なのかを明確にしておきましょう。家事代行サービスを依頼する場合では、1回限りのスポットプランや、定期利用プランのトライアル(お試し)などがありますので、有効に活用できるといいですね。
対応してもらえる作業範囲や料金など、自分にあった会社を見つけたら、問い合わせをしてみましょう。ホームページからの問い合わせフォームや、メール、電話で、問い合わせができます。

2:打ち合わせ

問い合わせをすると、家事代行サービス会社のスタッフが自宅に訪問し、希望や依頼したい作業の内容を確認します。依頼したい作業の内容を事前に整理しておきましょう。

3:プラン作成

要望に沿った家事代行・料理代行サービスプランの提案や、見積もりを作成してもらいます。

4:スタッフ選定

担当者が人選し、スタッフを決定します。事前の希望や、スタッフの通勤環境を踏まえ、選定されます。サービス内容によって、スタッフは1名であったり、2~3名であったり、人数は異なります。

5:契約

時間数・日程・料金等を確認し、契約を交わします。

6:サービスの開始日

サービス初日には、スタッフと一緒に担当者が同行、もしくはスタッフのみで、訪問があります。事前の要望にそった作業内容を実際に確認しながら、作業を実施します。
「翌日に来客の予定がある」「学校が休みで子どもが家にいる」といった予定や、「ここを重点的に」といった状況などの、こちらの事情に柔軟に対応してもらえる会社を選びたいですね。
約束の終了時間になると、作業の仕上がり等を確認します。スポット利用の場合はここまで、トライアルの場合は仕上がりに満足ができれば本契約を結びます。定期利用の本契約を結ぶ際には2回目以降、状況に応じて内容の変更もできるのかも確認しておきましょう。 そして定期利用のサービス開始以降は、事前にスタッフに毎回依頼したい内容をしっかりと伝え、終了後は依頼どおりの作業内容であったかを確認、改善してもらいたい点は伝えるなど、スタッフとこまめに話し合うことで、より自分にあったサービスを受けることができます。

7:お支払い

初回は事前の支払いが多いようです。定期利用の契約後は、口座振替・クレジットカード決済などで支払います。

まとめ

家事代行サービスは、対応してもらえる範囲や料金体系などが会社によっても随分と異なります。まずは自分の希望するサービスを提供している会社をいくつか選定し、実際に問い合わせてみて、できることならば試しにいくつかのサービスを受けてみてはいかがでしょうか。複数の会社を比較・検討することで自分に合う会社を見極めましょう。長く付き合っていくことのできる信頼のおける会社を見つけられるといいですね。

(大橋さやか)